埼玉のデリヘルでアルバイト

隣の家のお兄ちゃんに初恋

私の初恋は隣の家に住むお兄ちゃんでした。田舎なこともあり、近所付き合いが密だったのでお兄ちゃんと遊ぶことも度々ありました。
私の弟と3人でよく遊んだ覚えがあります。3歳差だったので私が小学生のときはお兄ちゃんが中学生、中学生の時は高校生ととても大人に見えました。
私が中学生になってもたまに勉強を見てもらったり、家族ぐるみで食事をしたりする機会があり、お兄ちゃんも私のことが好きなのではないかと思っていました。
その後、お兄ちゃんは県外の大学へ進学してしまい卒業後もその県に残るつもりのようだったので、私もその大学を目指し勉強しました。
高校3年生の夏、帰省したお兄ちゃんに同じ大学を受けることを言おう、受験勉強を見てもらおうとワクワクしていました。
しかし、久しぶりに帰ってきたお兄ちゃんは可愛い女の人と一緒でした。大学1年生の時から付き合っている彼女で卒業してしばらくしたら結婚するつもりだと言われました。
私はおめでとうと言うことしか出来ず、長年の初恋はとても苦い終わりでした。